バースデーなので!from大黒柱

ありがとう!ヽ(*⌒▽⌒*)ノ.:*゚・;*(♡ ≧▽≦♡)・:゚*.:・
やっぱりあなたは世界で一番いい男♡(笑)
スポンサーサイト

1歳10ヶ月!

将軍、1歳10ヶ月になりました( ^ω^ )
最近は二語文がヨユーの様子。
ママ抱っこ、パパネンネ、あわんたべゆ、などなど連発してくれます。
私は彼のフィジカルな方面の発達が早い方でないのが気がかりだったので、手先と頭は発達させてやらんと!と思っていました。
色んなことをやらせたし、持ち前のおしゃべりも手伝って(笑)カナリ話しかけたつもりで。
最近同じ月齢の男の子やもうだいぶお兄ちゃんのお母さん達に、将軍くん喋るの早いよね、と驚かれることが多く、報われた気持ちでいます。
女の子はやっぱりもっと早い子いますけどね。
男子の中では早いみたいです。
語彙が増えたからか文作して説明するのもトライしていて、四語くらい使って一生懸命話していることもあります。
私はその前向きで積極的な姿勢がとにかく嬉しくて、下手くそでも何でも頑張ってほしいなとホッコリしています。
語彙があると思考力が上がる(というのは自分でも強く実感しています。出産してから思考力低下しまくっていますので…悲)ので、将軍にはよく考えることが出来る子になってほしいなと思っています(о´∀`о)
プールが好きだったり、お友達と遊ぶのが大好きだったり、そうそうお友達が帰ったら遊びたいと泣いたりもしました。
赤ちゃんにおもちゃを持って来てあげたりもしてます。
ボール投げか上手くなったり、走るのが速かったり(多分足速い子な気がする…遺伝的にも)ダンスが上手かったり。
心配していたフィジカルなことも結構上手くなってきたな、なんて。
階段の上り下りも支えなしで出来ること多々、エスカレーターも得意です。
出来ないなーって思うことは特にありませんが、一人遊びとか自立とか(笑)してくれたらホントに助かるんだけどなとは思います。
甘えん坊で後追いやママ連呼が多いのがストレスですね。
それでもとっても可愛いのですが。
最近は構ってほしいがためにイタイと嘘をついたり、食べれるのにママにスプーンを渡したり、面白いです。
都合の悪い時は「ない、オッケー」と言って逃げたりもします(笑)
何がオッケーやねん!
これからも健やかに、楽しく、可愛く育ってくれたらと願うばかりです。

マイバースデーなので!by実母&パレドオールでパフェ♪

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

★ご連絡★


この度、ミッキーの転勤で海外へ行く事になりました。
以前にも彼は短期の海外勤務をしていましたが、今回は年単位での勤務。
キャリアウーマンだったり子供が受験期だったなら色々考えたでしょうが、
フリーランスと未就園児の核家族なので、悩むスキもなく駐在妻になることにしました!




ご存知の通り、私は外国人の方を相手にしたお仕事をしていますし、
外国かぶれした両親に育てられましたので、海外生活には抵抗がありません。
しかも今回の行き先は英語圏で、栄えている大都市です。
英語なら多少ヘンテコではあるものの(笑)話せますので、ホッとしております。
多分というか絶対、日本に住んでいる時にはない不便やストレスを感じると思いますが、
あんまり心配していません。
ていうか、心配しても解決しないので心配しません。




一つだけ気がかりなのはテロのことですが、それこそ私が頑張ってどうなることではなく。
「気をつけてね!」と言われても、気をつけてても駄目なんだけどね!




今回興味深く感じたのは、この辞令についての反応が本当に人それぞれだということでした。
非常にドメスティックでコンサバティブなママさんには、この世の終わりのような反応をされました(笑)
「海外での生活なんて考えられない!」と自分におきかえ、とても心配してくれました。
それはそれで、思いやりがある反応だなと思いました。




親友と言える友人たちは、ミッキーの栄転(笑)を祝う言葉とともに、
「会えなくなって寂しい」「大変だと思うけど楽しんできてね」と、
とても心温まる言葉をかけてくれました。
さすが親友。





そして母たちの反応がまた個性的。
私の母は予想通り「えー!素敵じゃない!」と絶叫。
私に外国かぶれな名前をつけて、「英語だけは勉強しなさい」と言ってきて、
留学を何度も勧め(断った笑)、数学や絵は習わせてくれなかったけど英会話だけは大枚はたいてくれた母らしい反応でした。



が、一応この人も人の母なんだなぁと思ったのですが(ひどい)
途中で「で、ルミはどう思ってるの?」とこちらの反応も気にかけてきました。
ま、それは一瞬のことで、私の返事を聞いたら間髪いれずに「まぁでもママは凄くいいと思うなー!」とウットリしていましたけど。(やっぱりな)





ミッキーの母にはミッキーから伝えたのですが、「将軍ちゃん、私の事忘れちゃうよね」としょんぼりしたメールを私に送って来ました。
で、なんか知らんけどちょうど我が家へ来るつもりだったのを、「もう理由もないから行きません」と冷たい文面。
「そもそも来る予定でしたっけ?」と(鬼嫁)聞くと「お菓子でも買って行くつもりでした!」と返信。
めんどくせーな!どっちだよ!(笑)と思いながら「来ても良いですけど?」と返信すると、
「やめときます。今将軍ちゃんの顔見たら涙ぐんじゃいそうで。。。」としょぼくれた返信がありました。
あー落ち込んでたのかぁ。と一連の面倒なやりとりも納得しました。




「気をつけて行って来てね」と一言もなく、自分の寂しさでいっぱいいっぱいになってしまっていました。
が、この日の深夜に実家の母からメールが入りました。
「ちょっと寂しいかなぁ。初めてルミを連れて行った海外がそこだったのよ。懐かしいな」
と、これまた寂寥感に浸っている自分の気持ちを一方的に送って来ました。
これには両母の性格差が表れていると感じました。




義母はネガティブだから、寂寥感が先だったんでしょうね。
実母はポジティブだから喜んでしまい、よくよく考えてみたら後から寂しさが来たんでしょうね。
いずれにせよ、母は子(義母は孫にしかフォーカスしてなさそうですが笑)と離れるのは寂しいんでしょうね。





渡航にあたり色々と情報収集をしているのですが、駐在妻というのは色々な目に遭うそうです。
現地で…というのは勿論ですが、私にとって印象的だったのは周りの反応についてでした。
私は全く知らなかったのですが、駐在妻というのはちょっとしたステイタスの一つのようで、
それを鼻にかける奥さまや、それを妬むその他の人達がいるそうです。
私は幸い、(今の所)心配されるか寂しがられるかしかしていないのですが、
そういえば結婚した時や妊娠した時に「面白くなーい!」という反応をされたことがあったなぁと、自分の似通った経験を思い出しました。
ちなみにミッキーと結婚した時は嬉しくてルンルンしていましたが、自慢はしておりませんでした。
だって、皆が結婚願望があると思わなかったし、ミッキーがモテモテだったとかもないし。(笑)
純粋にハッピーハッピーと思っていましたが、不幸な人(って判断するのも失礼な気がしますが)にハッピーな報告はしない方がベターなんですね。(面倒くさいけど)




なので、「海外転勤に帯同することになった=駐在妻になる」と報告すると、わざと否定的な事を言われた方もいたそうです。
また逆に、自分のキャリアを諦めたり大きな不安を抱えている方は、「いいなー!」と言われることにも傷ついたとか。
じゃーどうすりゃええねん




結局感じ方はその人次第なので、ちゃんとそういう「あなたはどう思ってるの?」を気遣ってくれたり、
感覚が合ったり、余計な事を言わないタイプの人に報告するのが良いんですね。





ちなみに私は前述の通り、海外赴任にはとても前向きで、
「駐在妻」というステイタスには興味がありませんが、
こたびの経験は非常に魅力的で有意義なものだと認識しています。
将軍にとっては特に。




現時点で彼自身が何かを得たと自覚する事はないでしょうが、
耳だったり、グローバルな交遊関係だったり、ちょっとした試練(笑)に彼が遭遇するのは確かで。
こんな機会は誰にでも訪れる事ではないし
できるかぎり活用してあげたいと思うのです。




そのためには、この月齢では私が積極的に動かなければならないと思っています。
幸い息子は非常に友好的で、人と関わる事について積極的な子供です。
それは親にとってとても有難く、すぐに現地でお友達が作れるだろうと思うのです。





が、未就学児の場合、フツーーーに暮らしてるだけでお友達なんてできない事、
日本にいるうちからよう知ってます。
今居るお友達はみんな、(一匹狼タイプで人付き合いが苦手な)私がせっせと児童館やら習い事やらに顔を出して、
「できた」ではなく「獲得した」かけがえのないものなんです。
息子をそういう場に連れだし、私は「付き合っても良い(付き合いたい)」と認識される母を務めて、
たくさん息子が楽しめるようにしてあげたいです。
それが当面の私の仕事だと思っています。
とりあえずちょっぱやでリトミック教室に入会せねば。





そして何より、私自身が楽しいと思える事を毎日、いや難しくても毎月、見つけていくつもりです。
お母さんが・妻がご機嫌な家庭が、幸せな家庭だと思うからです。




慣れない海外生活に疲れた夫を支える方法は、衣食住を整える事じゃなくて(それも大事だけど)
妻が楽しんで、心配材料にならない事です。
ママが不機嫌じゃ、息子も可哀想ですから。
たくさん楽しむぞー!(^^)





一足早く、バースデーランチ^_^

もうじき私のバースデー。
一足早くミッキーの実家ファミリーにお祝いしていただきました!

色々プレゼントいただいて、幸せ者です(o^^o)
将軍もとっても可愛がっていただいて、楽しそうでした。
ありがとうございました!